読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳覚醒による自己研鑽・自己啓発で自分の殻を破れ!

成功哲学セミナー、自己啓発セミナーで潜在意識を変える方法と技術はあまりにお粗末、低レベル。脳の上っ面しかかすれず、しかし高揚感や感情的に無理やりさせる演出でセミナー参加者は変わった気になる。それは幻想だ。必ず精神的疲弊というと何にも変わっていない現実に押しつぶされる。私の体験記や本当の自分の潜在意識や脳を劇的に変えられる方法についてのブログ

自分の殻を破る方法にやっと出会えた! という自己啓発セミナーの錯覚に注意

自己啓発セミナーは脳を疲弊させる 自分の殻を破る方法が見つからない理由

自分を変えたいと思っても、変えられないなと皆諦めかけている

なぜ自分を変えたいと思うのか?

そして自己啓発セミナーや成功哲学セミナーに高額のお金を払い続けるのか?

 

それは自分の意識の力でも、本を読んだりDVDで勉強しても絶対に変えられそうにないものが自分の中にあると感じるからだと思う。

自分を変えようとしても、自力では難しいと誰よりも知っている。

意識していなくても。

 

自己啓発本を読んでいる。

読んでいない者はいない。

そして自分なりに変わろうとしただろう。

 

それでも変われない。

変わる方法が見つからないから、また自己啓発本を読む。

そのうち、仲間が自己啓発セミナーの勧誘をしてきたりする。

自己啓発本を読みまくる人間はまさに誘いやすいからだ。

あるいは無料か安い参加しやすそうなセミナーに参加してみる。

 

自己啓発セミナーの巧みな罠と錯覚

そして、自己啓発セミナーのダンス、絶叫、人格否定攻撃、褒め殺し攻撃、父母愛情感謝攻撃などによって、いつもの自分と違う感覚を味わう。

上っ面をかすめるぐらいのレベルなのだが、本を読んでいるのとは明らかに違う体験をしていると錯覚する。

 

自分の殻が破れた!と錯覚させる。

それがとてもうまい!

そこは自己啓発セミナーを主催しているプロたちだ。

技術的レベルはお粗末なものだが、無知な人は騙される。

 

生まれて初めての自分に感激する参加者たち。

そこに皆で頑張ろうぜ!的な参加者特有の一体感も生まれる。

自分は孤独ではない、仲間がいる、素晴らしい仲間がいれば怖くない!

 

仲間意識だけでなく、セミナーの集団心理でも脳が騙される。

もちろん自己啓発セミナー主催者側の巧みなコーチング能力、煽り能力も欠かせない。

 

これらの合わせ技で、変わりたい、人生を変えたいと願っていたことが達成している瞬間を錯覚する。

すごいと思う。

 

自己啓発セミナーにはまる罠と最大の危険性

だが全然すごくない。

その証拠にすぐその高揚感は消え失せてしまう。

一人になってみたら、何にもかわれていない残酷な事実に気づく。

そのうち、何日がしたら気が抜けた状態が続いてしまう。

それが自己啓発セミナーの一番危険なことだ。

自分の殻を破る方法の幻想 自己啓発セミナーは自己研鑽してくれない

一瞬の自分の殻を破っている高揚感と引き換えに、いちばん大事な生きる活力まで失ってしまう。

成功するにはエネルギーが必須だ。

脳のエネルギー、体のエネルギー、精神的なエネルギー、これがすり減っている自分に気づくはず。

それを補充するために、自己啓発セミナーに通ってしまう罠を自分で気づかなければ大変なことになる。

 

私は偉そうにこう書いているのも、私がその罠に陥っていたからだ。

私の失敗を繰り返す道理はない。

人生は一度なのだから、なるべく失敗の時間を切り詰めて、成功に向かって行動して欲しい。

 

自己啓発セミナーで失敗しているところで、更に依存してしまう罠にはまって、自己啓発セミナーで失敗を重ねていくのを見るのは耐えられない。

自分の殻を破る方法に出会いたくても、上っ面をなぞる方法では無理だ。

自己啓発セミナーにもっと脳の深層から変える技術を有するところはどこにも存在していなかった。

 

だからいつまでも成功と変化の幻想を見るのはやめにしよう。


【自己研鑽・自己啓発・成功の法則では脳を覚醒させられない】
他記事貼り付け





j