読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳覚醒による自己研鑽・自己啓発で自分の殻を破れ!

成功哲学セミナー、自己啓発セミナーで潜在意識を変える方法と技術はあまりにお粗末、低レベル。脳の上っ面しかかすれず、しかし高揚感や感情的に無理やりさせる演出でセミナー参加者は変わった気になる。それは幻想だ。必ず精神的疲弊というと何にも変わっていない現実に押しつぶされる。私の体験記や本当の自分の潜在意識や脳を劇的に変えられる方法についてのブログ

超一流コーチングでも脳の可能性を引き出してくれない。そこに自己啓発セミナーの弱点がある

アンソニー・ロビンズのセミナー体験記 自己啓発セミナーで成功の法則はつかめない

自己啓発セミナーや成功哲学セミナーと自己研鑽したい人との決定的格差

セミナーの主役と参加者の絶望的な格差

たくさんの自己啓発セミナーを受けてきた思ったのは、例えばアンソニー・ロビンズに関して言えば、彼は本物だったことは間違いない。

だが、アンソニー・ロビンズの自己啓発セミナーが本物かと言われれば、違うと言いたい。

 

本人がいくら大物であっても、成功できる脳に変えられるかというとそうではない。

潜在意識を変えていると思っている自己啓発セミナー参加者の気分の高揚は、一過性のもので麻薬みたいなもので、しかも脳の上っ面しかかすっていないものだ

 

踊って気分が高揚したからと言って、クラブで踊り狂っている奴らが覚醒しているかと言われたら全くそんなことはない。

ただハイになっているだけだ。

 

そのハイになっていることを覚醒していると思わせるのが、自己啓発セミナーのやり口である。

あまりに薄っぺらだ。

 

もう一度いうが、アンソニー・ロビンズはすごい人物だ。

ただしやり口としては軽い、流れる、ハイになる、それだけだ。

彼の言っていることもすばらしい、成功の法則とはかくあるべきものだと思う。

だが、脳には響かない。

知識で知るだけだ。

 

いつまで自己啓発の夢を追い続けなければならないのか

 

実際にセミナーに参加して彼のコーチングを聞いても、その時は頷くことばかりで納得するしかない、

モチベーションも上がったし、それしかないと思える。

彼のコーチングの魔力とセミナーの演出のなせる技だ。

しかし、その時限りで皆忘れている。

 

あとで本を読んで「ああ、そうだ!」と思い出す。

そこでまた刺激を受ける。

こんなことを繰り返してしまう。

 

いったいどれだけ同じことを繰り返してきたのだろう、また同じことを繰り返していくのだろうか?

成功者はそんなことを絶対にやらないことは、誰よりもわかっているはずなのに、自己啓発と自己研鑽の鬼になって頑張っている人たちは、成功できないことばかり続けてしまう。

 

一流のコーチングができても脳を変える技術はない

 

結局自己啓発セミナーのコーチ達は一流と言われる人であっても、口はすごく達者で聴衆の心をうつことができても、脳を変える技術、無意識下から変えてくれる技術を持っていないことに尽きる。

脳覚醒トランス技術という脳内と無意識下から変革させる技術に出会ってからは、あまりのレベルの低さに、本当に辟易してしまった。

実感からして違う。

脳内の原始的な感情から火がつく脳覚醒トランス状態と私が自己啓発セミナーでマックスに気分が高揚したときと比べたら、大げさではなく100万倍の差があった。

 

脳をダイレクトに変化を与えてくれる、脳の可能性を劇的に引き出してくれるという観点から言ったら、自己啓発セミナーのコーチ達は一流であっても、口八丁手八丁どまりだ。

だから口と演出と集団心理を利用し、感情的に高ぶらせる方法と非日常的空間を提供することで、脳を変えたように錯覚させる。

たしかに感情が大きく動いている時に、人は自分を変えられる。
自分が変わる時は感情が激動しているはずだ。

 

脳の深さは底なし沼だが、コーチングでは100層の内第二階層に届くかどうかのレベル

 

しかし、感情には深さがある。

踊り狂って歌い来るって、場の雰囲気にのせられている人は、非常に浅い感情で高揚しているに過ぎない。

だからなんにも残らない。

 

だが脳内麻薬がうっすら出ているし、日常にないすごい体験だと思ってしまうから、また変わりたい、あれを続ければいつか変われるという「奴隷の心境」に陥ってしまう。

 

本当に自分を変えたいのならば、自己啓発セミナーに期待してはいけない。

本当にそう思う。

 

アンソニー・ロビンズ日本上陸 セミナーに参加した感想

 

アンソニー・ロビンズが日本に初上陸した時、私は幕張メッセのセミナーに参加した。

しかし、最初に受けた時の気持ちはすっかり消え失せていたし、でも一応参加しようと思った。

そしてわかった。

自己啓発セミナーに期待をしたら、未来はなくなると。

あの雰囲気にはうんざりした。

イライラした。

おそらくセミナーにではなく、自分にだと思う。

自分にすごく嫌悪感を持ってしまった。

 

あのセミナーに明るい未来は確かにある。

しかし参加者にではない。

未来があるのはアンソニー・ロビンズや演説したコーチ陣たちだけだ。


【自己研鑽・自己啓発・成功の法則では脳を覚醒させられない】
他記事貼り付け





j