読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳覚醒による自己研鑽・自己啓発で自分の殻を破れ!

成功哲学セミナー、自己啓発セミナーで潜在意識を変える方法と技術はあまりにお粗末、低レベル。脳の上っ面しかかすれず、しかし高揚感や感情的に無理やりさせる演出でセミナー参加者は変わった気になる。それは幻想だ。必ず精神的疲弊というと何にも変わっていない現実に押しつぶされる。私の体験記や本当の自分の潜在意識や脳を劇的に変えられる方法についてのブログ

危険な自己啓発セミナーの実態 人格をけなし、時々優しく褒めるセミナーの恐怖!

自己啓発セミナーの胡散臭さ、怪しさの理由 危険な自己啓発セミナーの恐怖 自己啓発セミナーは脳を疲弊させる

自己啓発セミナーの恐怖を思い知るきっかけ

私は企業経営者です。

当時はまだ駆け出しで規模も小さく、会社を大成功に導くためには、私が自己研鑽し続けなければならないと思っていた。

あらゆるセミナーに参加してきたが、ある程度成功の法則を身につけることができて、会社もそこそこ軌道に乗り始めた。

自己啓発、成功の法則の弱点として、「すぐ行動に移せないから結局知識だけになる」というものがあるが、私は立場上行動しなければ会社が傾く状況だったから幸いだった。

 

さらに私は自己研鑽が必要だと思い、ある自己啓発セミナーの合宿を受けてみた。

そこはまさに自己啓発セミナーの恐怖と危険を体現していたセミナーだった。

人格攻撃を参加者同士にさせたり、大勢の前で自分の短所をさらけ出させたり指摘されたりして、吊し上げのリンチといってもいい感じで最初は進んでいった。

参加者はみんな異常な精神状態になっていった(これが後の人格崩壊化につながるのだが)。

私はそれもいい経験だと思っていた。

 

けなして褒めて、怒って優しくして、のセミナーの姑息な手口

やはり自分の短所や欠点を知ることは大事だと思っていたからだ。

そして精神的に追い詰めれたところで、急に参加者を褒めあわせる。

またけなしあわせ、褒め合わせる。

これをずっと続けていた。

 

コーチ陣も鬼のようだったのが、最終日に急に優しくなり褒めてくる。

そして、最後は参加者は感動のあまり涙、嗚咽、絶叫のオンパレードとなる。

その仲間意識や感動の共有、セミナー合宿をやりきったという達成感でみんなバカになるという図式だった。

 

この麻薬効果でさらに自己啓発セミナーにハマっていく人は多い。

借金をしてでも、そして友達を失ってでも勧誘しようとして、結局全てを失うパターンだ。

 

当時私は一度は感情追い詰め型セミナーの経験しておくべきだと思っていた。

そしてまんまとセミナー側に心と感情をかき乱されたあげく、私は社員の一人に受けさせようとしてしまった。

それはセミナー側の勧誘に乗ってしまったからだから、我ながらバカだった。

取り返しの付かないことをしてしまった。

 

社員がセミナーで精神的におかしくなる

自己啓発セミナーの恐怖を体験

私は社員の一人に受けさせた。

どう変わるのか見たかった興味もある。

しかし、彼には本当に申し訳ないことをしてしまった。

 

彼がそのセミナー合宿から返ってくると、挙動がおかしかった。

最初は急にシャカリキに働きまくった。

どう考えてもバランスの取れたガムシャラさではなかった。

これがいい具合に落ち着いてくれればと思ったが、その後に急に抑うつ状態に陥ってしまった。

 

この時に私はあの自己啓発セミナーで、けなされけなされ、褒め上げられて、けなされけなされ、最後は優しくさせられて、結局人格が崩壊してしまったのだと思った。

私は自分の意志で参加したから耐え抜いたし、それを誇りに思っていたが、私に参加を薦められた彼は、自分から「行きたいです!」と意思表示したとは言え、社長の私から言われたら断れない立場だろう。

だから、あの地獄のような環境と合宿という逃げられない状況で、しかも私の手前、そして真面目で頑張ってしまう彼だからこそ、すべてを受け止めてしまって、精神的におかしくなってしまったのだと思う。

それに気づいた時、私は本当に後悔した。

自己啓発セミナーの恐怖を思い知った。

そして自分の愚かしさを。

 

自己啓発セミナーが危険だと言われる理由

自己啓発セミナーの恐怖としてよく言われることで、実際に人格を完膚なきまでに崩壊させられて自殺した人、中毒と依存のあまり破産したり、TOSHIのように洗脳された人や、セミナー側に監禁された人もいる。

私は彼の精神状態が心配になった。

心を尽くしてケアをしたが、挙動のおかしさが治まってくるまで時間がかかった。

その後遺症は私が岩波先生の力を借りるまでは完全に治りきっていなかったと思う。

 

彼も私のことを少しも責めていないし、いい経験ですと言ってくれたが、私は未だに後悔と申し訳無さをもっている。

ああいう人格攻撃型の自己啓発セミナー(最後に優しくしたり褒めたりする手法は実にあざとい!)で、自殺まで行かなくても、今だに不眠症状態、抑うつ状態、あるいはうつ病になっている人が多い。

 

いくら自分を変えたいと思っていても、変える手法があまりにお粗末、あるいは悪意があるセミナーは絶対にオススメしない。

私の大失敗は糧にして、みなさん自己研鑽と自己啓発に、お粗末なセミナーに依存せずに頑張ってください!


【自己研鑽・自己啓発・成功の法則では脳を覚醒させられない】
他記事貼り付け





j